第18回 「東京(  )暮らしています」という問題で、「に」を入れたら、バツになってしまいました…。

第18回 「東京(  )暮らしています」という問題で、「に」を入れたら、バツになってしまいました…。

教えて!ミミ先生 第18回 

 

ARCで日本語を教えているミミ先生が、みなさんの日本語や日本文化の質問に答えます。

 

 

Q: 「東京(  )暮らしています」という問題で、
   「に」を入れたら、バツになってしまいました…。

 

:この問題は「に」ではなく、「で」が正しいですね。


 日本語の助詞は本当に難しいですよね。ここでのポイントは、後にくる動詞です。「暮らす」という言葉には、そこにいるだけではなく、働いたり、勉強したり、食事したり、友だちに会ったり…いろんなことを「する」という意味があります。「学校で勉強します」と考え方は同じです。

 
 でも、「に」が入る文もあります。後に「住む」がくる場合。「住む」の場合は、「そこにいる」「そこに家がある」という意味なので、「に」が正解になります。


 同じような考え方で、「働く」と「つとめる」があります。「働く」は、仕事でいろいろなことをするという意味。「つとめる」は、そこに所属する人という意味。ですから、「姉は銀行で働いています」「姉は銀行につとめています」になるのです。

 


 

 

 

他のミミ先生コラムを見る