在留カード

  • 「在留カード」は身分証明書です。主要空港では、入国時に交付されます。
  • 常に携帯していなければなりなせん。
  • 日本での住居が決まったら、14日以内に居住する市区町村に住所登録をしなければなりません。
  • 転居したときは、14日以内に届出等の手続きをしなければなりません。
  • 携帯や提示の義務に違反した場合、罰則を受ける場合があります。

 

国民健康保険

日本に3か月以上滞在する予定の外国人は全員、国民健康保険に加入しなければなりません。加入すると、病気や怪我で病院に行ったときに医療費の70%が保険から支払われます。国民健康保険に加入している学生に限り、当校で加入している留学生補償制度が使えます。

  • 区役所(または市役所)で手続きをします。必要なものは在留カードです。住所登録と同時に加入手続きをしてください。
  • 所得がない人、学生、外国人などは保険料が安くなる「減免制度」が適用されることがあります。適用されるためには、自分で申請しなければなりません。自分の住んでいるところの区役所(または市役所)に問い合わせてみましょう。

保険料の例

保険料は、市区町村によって異なります。あくまで目安としてご覧ください。

保険料の例 一般 前年度の収入がない場合 
(国内外にかかわらず)
東京都文京区 年間51,000円 年間15,660円
神奈川県川崎市 年間49,105円 年間12,885円
埼玉県さいたま市 年間36,600円 年間10,980円
  • アルバイトの金額が多いと、翌年の保険料があがります。
  • 引越ししたら、必ず区役所で保険の異動手続きが必要です。
  • 確定の年額保険料は7月に通知されます(4月に通知される年額は仮計算の金額です)。4月に4,5,6月分の請求書が届いたら、早めにコンビニや銀行などで支払ってください。

 

銀行口座開設

日本では、来日6か月未満は銀行口座開設が難しいため、ARCでは学校の近くの銀行を案内しています。詳細は、入学後の生活オリエンテーションで説明しています。