日本語を体系的に学ぶ最もスタンダードなコースです。入学時にプレースメントテストを行うので、自分のレベルに応じたクラスで学習することができます。技能別の科目や豊富な教室活動により、正確な日本語の知識と自然でなめらかなコミュニケーション能力の習得を目指します。中級以上のクラスでは、幅広い学習ニーズに対応したプログラムを用意していますので、進学、就職、日本文化体験など、さまざまな目標の実現を応援します。

 

 留学コースについてアンケートの結果、「総合的に見てこの授業に満足した」に対し、「あてはまる」、「ややあてはまる」が93.0%でした。(アンケート実施日:2017年4月期)

学生の声はこちら

 

コースの概要

ビザ

留学ビザ

 

入学時期

4月・7月・10月・1月
スケジュールはこちらをご覧ください。

 

設置コース

4月入学:1年コース、2年コース
7月入学:1年9か月コース
10月入学:1年6か月コース
1月入学:1年3か月コース

コース期間に合わせたお申し込みになります。

 

定員

クラス平均:20名 

 

授業時間

9:15~12:30 / 13:30~16:45(1時限45分、1日4時限)
入学時にレベルチェックテストを実施し、クラスを決定します。以降、学期(3か月)ごとにテストを行い、クラスを決定していきます。
日本語のレベルでクラスが決まります。

 

休日 

土曜日、日曜日、祝祭日、夏休み、学期末休み及び校長が特に定める日。

 

宿題・テスト

宿題が毎日出ます。
月曜日から木曜日までの学習範囲で、毎週金曜日にアチーブメントテストがあります。
3か月間の学習範囲で、期の終わりに修了テストがあります。

 

担任制

担任の講師が学習者一人一人とカウンセリングを行い、学習状況を把握し、きめ細かいフォローをします。

 

アルバイト

「資格外活動許可」を受けてアルバイトをすることができます。
アルバイトは1週28時間までです。
ただし、風俗営業や風俗関係営業の仕事は禁止されています。
アルバイトについては、こちらをご覧ください。

 

学費

 こちらをご覧ください。

 

到達目標・時間割

到達目標

レベル 到達目標
第1期 入門 日本で生活するのに必要な最低限の会話能力が身につく。
第2期 初級 日常的な会話は大体こなせる。初級基本文型を理解し、意見を述べたり文章を書いたりすることができる。
第3期 初中級
第4期 中級準備 日常会話に不自由はなくなる。専門用語を含めて語彙が増加し、専門学校への入学が可能な日本語能力が身につく。
第5期 中級
第6期
第7期 上級 日本人と支障なく意思の疎通ができる。大学受験が可能な日本語能力が身につく。
第8期
第9期 超級 専門的な内容や抽象的な話題について日本人とほぼ対等に議論ができる。話題に制限なく論理的に記述や論述ができる。
第10期

 

評価

テスト及び課題提出物に基づき、発音・文字・総合日本語・聴解・読解・会話・作文・日本事情及び授業態度の各項目を絶対評価により5段階(S>A>B>C>F)に評価します。

 

時間割例

    ■初級クラス

     
    1時限 発音・文字 発音・文字 発音・文字 発音・文字 発音・文字・HR
    2時限 総合日本語 総合日本語 総合日本語 総合日本語 テスト
    3時限 会話
    4時限

    ■中級クラス

     
    1時限 発音・文字・速読 文章表現 発音・速読 発音・文字・速読 発音・文字・HR
    2時限 聴解 読解 総合日本語 テスト
    3時限 総合日本語 総合日本語 会話 総合日本語
    4時限

    ■上級クラス

     
    1時限 発音・文章表現 文字・総合日本語 発音・総合日本語 文字・口頭表現 発音・文字・HR
    2時限 テスト・活動評価
    3時限 総合日本語 聴解
    (選択授業)
    日本事情
    (選択授業)
    読解
    (選択授業)
    総合日本語
    4時限

 

 

使用テキスト

入門・初級テキスト例
  みんなの日本語 初級Ⅰ第2版 
  みんなの日本語 初級Ⅱ第2版
  かなマスター
  漢字マスターN5
  漢字マスターN4
 漢字マスターN3

中級・上級テキスト例
 中級日本語教科書 わたしの見つけた日本
  改定版 トピックによる日本語総合演習 (中級前期)
  改定版 トピックによる日本語総合演習 (中級後期)
  漢字マスターN2
  漢字マスターN1

 

入学案内

こちらをご覧ください。