教えて!ミミ先生 第1回「ボコボコ」とか「バタバタ」とか、もっとわかるようになりたいです。

教えて!ミミ先生 第1回「ボコボコ」とか「バタバタ」とか、もっとわかるようになりたいです。

教えて!ミミ先生 第1回 

ARCで日本語を教えているミミ先生が、みなさんの日本語の質問に答えます。

 

Q:日本のマンガ、とくに『鬼滅の刃』が大好きです。

「ボコボコ」とか「バタバタ」とか、もっとわかるようになりたいです

 

:日本語の勉強を始めるきっかけが日本のマンガやアニメだった、という人はとても多いですね。

 

好きなことをつづけるのは、日本語が上手になる一番の方法です。ぜひ、がんばってください。

 

ところで、「ボコボコ」や「バタバタ」について。

 

これは、音や様子をことばで表す「オノマトペ」ですが、外国では大人が使うと「子どもみたい」と言われることもあるそうです。

 

でも、日本語にはたくさんのオノマトペがあって、小さな子どもから老人まで日常会話でよく使います。

ぜひ、たくさん覚えてほしい…のですが、意味はなんとなくわかっても、使うのはとてもたいへん。

 

まず、今はマンガやアニメの世界で、オノマトペのもつ「イメージ」を楽しんでください。

 

そして、日本人との会話で使ってみてください。

 

不自然な使い方なら、日本人が「?」 という顔をすると思います。

 

そうすると、だんだん自然に使えるようになって、どんどん自然な会話ができるようになるはずです。